右耳だけピアスを開ける男性はゲイと思われる?

右耳だけピアスを開ける男性はゲイと思われる?

性の多様性が世界各地で広く認識されるようになりましたが、未だ日本では同性愛者に対する偏見は多く見受けられます。

その中で、男性が右耳だけにピアスを付けているとゲイだと思われることがあります。その理由は、1970年台に活躍したアメリカのロック歌手に由来しておりこの人物はゲイで右耳だけにピアスをしていたからです。

まだ世界各地で同性愛者に対する差別意識が強かった頃であり、ゲイ同士がお互いの存在を無言でアピールするための方法として右耳だけにピアスをしていました。

しかし、現代ではファッションの一部としてピアスは人気があり、右耳の方が装着しやすいという理由で付けている片もいます。一概に右耳だけのピアスでゲイだと思われることは無くなりました。

左耳だけピアスを開ける女性はレズと思われる?

左耳だけピアスを開ける女性はレズと思われる?

ピアスは昔から片耳だけ開けるものであり、女性は右側にピアスを付けていました。右耳のピアスは守られる人という意味合いがあり、男性に守られるエンゲージリングのようなお守りといった意味で使われていたようです。

そのような歴史があるためか、女性が左耳だけにピアスを開けると意味が逆転し、レズビアンという意味を持つようになります。

ジェンダーを主張したい方は左耳だけに好んでつけることも多いことからそのように言われるようになったようです。

日本においては、ファッションアイテムの一つであり、お洒落や個数を意識してつけるが多いので場所に関わらずつけても大丈夫です。

はじめは一つ、だんだん増やしたい方などもいらっしゃるので、好きなピアスの位置を選んでみましょう。

耳に開けるピアスの個数で意味が変わる?

耳に開けるピアスの個数で意味が変わる?

ピアスは個数によって意味が異なり、基本的に割り切れる偶数は良くないとされます。

ピアスが1個で恋愛運の上昇、3個で仕事運の上昇、5個で人生が良い方に向かうという意味を持ちます。

奇数であっても7個以上は特に意味がなく、ピアスの個数が多い人ほど社会への不満を持つといわれるので、あまり多すぎても心理学的に良くありません。

これらは日本オリジナルの意味ですが、ヨーロッパでは男性は右耳に偶数個でゲイ、左耳に偶数個でノーマルと表します。

女性は反対で左耳でレズ、右耳でノーマルのサインです。海外では奇数を不吉な数字と見なす風習があるため、日本と違って奇数よりも偶数が良い意味を持っておりピアスが割り切れる数だと幸せになります。