ボディピアスが女子ウケが悪い理由は「ダサい」から?

ボディピアスが女子ウケが悪い理由は「ダサい」から?

耳のピアスはオシャレとして女性でも多くしている人を見かけますが、それでもまだ耳のピアスがほとんどで、耳以外の個所でピアスをしている人というのは見かけないことのほうが多いです。

筋肉をつけるために鍛えている人であれば腹筋が綺麗なのでボディピアスをしている人もいますが、それくらいお腹に自信がなければダサい印象にもなってしまうので、あまり女子ウケはしないことのほうが多いものです。

ですが最近は男性並みに鍛えている筋肉女子というのも増えてきているので、ボディピアスを積極的に見につける女性が増えてくれば、ボディピアスもダサいというイメージが消えるでしょう。ボディピアスをしている男性への視線も熱くなるでしょう。

ボディピアスが女子ウケが悪い理由は「痛そう」だから?

ボディピアスが女子ウケが悪い理由は「痛そう」だから?

ボディピアスというのはしっかりと体を鍛えている人であれば見栄えも良く恰好良くも見えるものです。

ですがあまりにも多くのピアスをしていたり、また大きくて重たそうなピアスをしていれば恰好いいよりも痛そうな印象が先走ってしまい、お洒落的にどうかという感覚ではなくなってしまうこともあります。

ですからかっこいいピアスをしているのに女子ウケが悪いような時は痛そうなイメージにならないように気を付けましょう。

重そうでなかったり、痛そうな感じにならないように丸い形の物や小さい小ぶりの物を付けるようにもしましょう。

そして大きく垂れ下がるような物であれば他の個所に目立つアクセサリーを付けたりして目の視線がピアスだけに行かないようにもすると良いです。

ボディピアスが女子ウケが悪い理由は「チャラそう」だから?

ボディピアスが女子ウケが悪い理由は「チャラそう」だから?

体に直接するおしゃれといえばタトゥやボディピアスがありますが、どちらも女子ウケが悪いという現実があります。

それはまだ日本ではやっている人が少ないということもありますが、見た目的にチャラそうだから、という理由もあるものです。

根は真面目な人であっても、第一印象が悪ければそれでもう話しかけたくない印象になってしまうようなことも多いので、そうしたチャラいというイメージで避けている人もいるでしょう。

ですから受け入れてもらうには、同じようにピアスをしている女性を選んでも良いです。すでにピアスを少しでもつけている女性であれば拒否しない可能性も高いです。

また、受け入れてもらうようにするためには真面目な行動を意識すると良いでしょう。